えのきダイエットの効果と実践法!!えのき氷もおすすめ!!

c

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットに適した食材は様々提唱されていますが、最近では「えのきダイエット」が密かなブームになっているそうです。

何でもえのきには脂肪燃焼に効果がある魔法のような成分が含まれているためダイエットに適しているようです。

詳しく解説していきます。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


えのきダイエットがブーム!!

りんごダイエット…。バナナダイエット…。トマトダイエット…。

ダイエットに適した食材というのは今も昔もテレビや雑誌で紹介されてきました。その度に大きなブームとなり多くの女性が取り組んできたと思います。効果の程は人ぞれぞれでしょうけども、ダイエットに適した食材がメディアで紹介されるとすごい勢いで注目浴びるものです。特にはスーパーから品物がなくなってしまうという社会現象にまでなるケースもありましたね。

ダイエットというのは辛い運動がつきものというイメージがあります。しかしダイエット食があれば運動が苦手な方でも気軽に始められるのでとてもありがたいものです。もちろんその食材だけを食べ続けてしまうと健康を害する恐れがありますが、料理などに加えバランスのとれた栄養を摂りされすれば健康的にダイエットを行う事も出来ます。

このように多くの女性の味方になってきた様々なダイエット食材ですが、近頃では「えのき」がダイエットに効果があるとしてひ密かなブームになっているそうです。ちなみに今回は朝の情報番組で紹介されるやいなや、都心部のスーパーマーケットからえのきが姿を消してしまう程のブームだったそうですよ。

ネットでもえのきダイエットを実践している方の声が多く寄せられていました。

・あたし干しえのきダイエットしてます。内臓脂肪減るらしい!

・勧められたらエノキダイエット実施中。 同僚からは、ちょっと痩せたみたいって言われた。 因みに、誰にもダイエットしてるとは言って無い。 体重は変わって無いのだが。

・えのきダイエットであっという間に2kgほど削いだお。

・えのきに含まれる、なんちゃらって成分が内臓脂肪を撃退してくれるらしい。みんなでえのきダイエットしようぜー

・えのきダイエットはマジで凄いぞ。体脂肪がガッツリ減る。

・えのきダイエット54.-73キロ台が見えてきた

この事から分かるように、その恩恵にあやかった女性も多い事でしょう。何しろ話題性だけではなく効果も抜群とのことですので、えのきダイエットを実践して理想の体型を手に入れた方も少なくないはずです。

もちろんブームに乗り遅れてしまった方も、今からでも始められるので決して遅くはありません。なぜえのきがダイエットに効果があるのか、どのように取り入れていけばいいのか、しっかりと理解を深めて「えのきダイエット」を実践していきましょう。

えのきダイエットの効果!!

f652cb1abd2848cee20dc90d84c7ead3

えのきというのは鍋物の具材として、また煮物などの和食の材料として今まで何気なく食べていたことだと思います。そんな身近な食材がダイエットに効果があったなんて初耳!という方も多いでしょう。ではえのきがなぜダイエットに効果があるのか。

実はえのきには「エノキタケリノール酸」という脂肪酸が含まれています。これは数多くのキノコの中でもえのきにしか存在していないものですが、内臓脂肪の燃焼にとてつもない効果を発揮するそうです。

内臓脂肪の減少

前述したとおりえのきには「エノキタケリノール酸」という脂肪酸が含まれており、これが蓄積された内臓脂肪をじゃんじゃん減少させていきます。テレビで紹介されていた方に至っては、えのきを積極的に取り入れてからたった2週間で内臓脂肪が26パーセントも減少したそうです。

「エノキタケリノール酸」の恐るべき効果が証明されたという事になりますね。

脂肪吸収を抑制

「エノキタケリノール酸」という脂肪酸はキノコ類の中でもえのきにしか存在しないものでしたが、「キノコキトサン」という物質は多くのキノコ類に含まれています。

これが脂肪吸収を抑制する働きを持っているのでダイエットに効果があるとされています。食事でとった余分な脂肪をそのまま腸に運ぶことなく、周囲に膜を張り吸収されなようにしながら腸に運んでくれるという、とても優れた働きをしてくれます。

便秘を解消!!

多くの女性が悩まされている便秘も、お腹をポッコリさせてしまい太る原因になっています。

という事は便秘を解消させれば自然と痩せていくという事。その為には良質で豊富な食物繊維が必要不可欠なのですが、えのきにはなんとキャベツの2倍以上の食物繊維が含まれていると言われています。

その為腸を活発にし整腸作用もあるので便秘を解消、すなわちポッコリお腹の悩みを解決してくれます。

美肌効果

無理な食事制限をしてダイエットをすると、栄養のバランスが偏ってしまい痩せたとしても肌荒れなどを招く恐れがあります。そうなればせっかく痩せたのに美しさを台無しにしてしまう可能性が考えられます。

そうならないためにもえのきを食べてダイエットすることをオススメします。キノコにはグアニル酸という成分が含まれ、これは体内の毒素を排出する作用があります。この為美肌効果も期待でき、美しく痩せることが出来ます。女性にとっては一石二鳥と言えるでしょう。

えのきダイエットを実践!!

えのきがなぜダイエットに効果があるのかはご理解頂けたと思います。ではここからは実際にどのように食事に取り入れていけば効果的なのかを詳しく解説していきたいと思います。もちろん普通に食事の具材として取り入れても構いませんが、飽きがきてしまえば長続きしませんので、バリエーション豊富に取り入れることも大切になってきます。

干しえのき

干しえのきを作っておくと非常に便利です。料理に使う時などは水で戻してすぐに使用できますし、おやつとしてそのままでも食べることが出来るので、間食したくなった時などにとても重宝されます。

作り方は至って簡単です。あるにえのきを広げて約2時間天日干しにします。その後残った水分を取り除くためにフライパンなどで10分程度乾煎りして完成です。こうするとうまみ成分が10倍以上も増えるそうなので美味しく食べてダイエットをすることが出来ます。

 えのき茶

ダイエットに効果があるお茶は様々注目されていますが、えのきで作った「えのき茶」もダイエットに高い効果をもたらしてくれます。

作り方は先ほど作った干しえのきを細かく刻んで熱湯を注ぎ、30分程度蒸らしておけば完成です。こうしてお茶にして飲むことによって、内臓脂肪を減少させるえのき特有の「エノキタケリノール酸」を更に効率よく摂取できると言われています。

えのき氷

110906w_enoki2

ためしてガッテンやはなまるマーケットでも紹介されたことで一躍注目を浴びた「えのき氷ダイエット」このダイエット法は流行ったこともあり、少し詳しく解説します。

と、えのき氷ダイエットの効果の前に、ちょっとうんちくです。

エノキタケには、他のきのこよりも多くの『きのこキトサン』という成分が含まれています。この、きのこキトサンとは、キノコから取れるキトサンです。むずかしい言い方をすると、β-グルカンとキトサンからなる、植物性のキトサンです。

きのこキトサンの特徴のひとつは、安全性の高さです。蟹やエビ等の甲殻類の甲羅からとれるキトサンではアレルギーを起こす方もいらっしゃいますがきのこキトサンは そういう片でも安心して摂取することができるのがポイント。

さて、気になるきのこキトサンの効果ですがきのこキトサンには胃酸にも水にも溶けず膨張するという性質があるそうです。

つまり、食事前にきのこキトサンを摂取すると、きのこキトサンが腸内をコーティングしてくれるのでコーディングされることによって 腸が油分を吸収できなくなるつまりは、脂っこいものを食べても油が吸収されにくい。ということです。

食後にとっても(食中にとっても)、もちろん、効果があるそうです。さらに、エノキタケには、乾燥肌やシワが気になる人に嬉しいトレハロースが配合されています。

ここで「干しえのき」や「えのき茶」にはない大事なポイントですが、このきのこキトサンは、エノキタケの細胞壁にありますので、ペースト状にする必要があります。普通に摂取しても、ちゃんとよく噛み砕かないとかなかな消化されにくいということですね。

そもそもえのき氷とは文字通り、エノキタケを氷にして色んな料理に使うというダイエット方法です。

えのき氷=エノキタケをペースト状にして凍らせてストックできるようにした物です。ペーストにすることでエノキタケの細胞壁を破壊してキノコキトサンを摂取しやすくします。

さて、そんな健康美容にも良いえのき氷の作り方のご紹介。毎回作るのは面倒ですので…えのきが安い時に買いだめしてまとめて作るのがおススメです。

材料

  • エノキ300g
  • 水400ml

道具

  • ミキサー
  • 製氷ケース

が必要です。
この場合は12キューブ×8パック=96キューブ分です。

※エノキタケは、水で洗うと栄養分や旨味成分が溶け出してしまいます。濡れたキッチンペーパーで汚れをふき取る程度にしましょう。

作り方

  1. エノキの石づき部分を切り落として、ざく切りにします。
  2. ミキサーにカットしたエノキを入れ、水400ccを入れてペースト状にします。
  3. 鍋に移して弱火で60分焦がさないように混ぜながら煮詰めます。
  4. 火を消してあら熱を取ります。
  5. 製氷機に流し込んで、冷凍庫で凍らせたら完成!

ペースト状にして弱火でゆっくり1時間煮詰めることで、きのこキトサンやβ―グルカン、アミノ酸、ペプチド遊離脂肪酸などの有効成分が抽出されるそうです。

凍らせるのもエキス抽出のために大切な工程なのだそうです。

ちなみにですが、きのこ類の多くはビタミンD2の元になる物質エルゴステロールという物質が含まれており2時間ほど日光に当てるとビタミンD2が多くなります。可能であればペーストにする前に、日光に当てるとよいですね。

使い方

  • 味噌汁
  • カレー
  • 炊き込みご飯
  • お吸いもの
  • 野菜スープ

などにそのまま投入したり…

解凍して、

  • 納豆
  • 酢の物
  • てんぷらの衣に混ぜてみたり
  • お好み焼きに混ぜてみたり

など使い方は多種多様です!一食に1キューブ食べれると理想だそうですが、食べれなかったと悔やむよりも 継続することが大事です。

また、えのき氷は通販などでも取り扱っていますので、興味はあるけど、作るのはちょっと…という方はそちらから購入してみても良いと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。普通に料理に取り入れるよりも効率よくダイエットに効果的な栄養成分を摂取できる「干しえのき」や「えのき茶」そして「えのき氷」「干しえのき」は乾燥材などを使用すれば1週間くらいは保存できますので、「えのき氷」と併せて休日に1週間分作ってみてはいかがでしょう。

常備しておくと凄く便利です。

これを機に嬉しい効果がたくさんあるえのきダイエットを実践し、理想の体型を手に入れてください。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ