髪の毛を早く伸ばす方法と裏ワザ!!

20233802558305fa93da50d0493e6384_s

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男女問わず髪の毛に関しての悩みは多いものですが今回は髪の毛を早く伸ばす方法を紹介したいと思います。

髪の毛が伸びる仕組みから髪の毛を早く伸ばすのに必要な栄養素、ヘアケアまでをまとめました。髪の毛を早く伸ばす裏ワザ必見です。

特に髪型を失敗して学校に行くのが嫌になってしまった学生さんや、特に髪の毛にこだわりが強い女性などの助けになれば幸いです。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


 髪の毛を早く伸ばすための結論

さっそくですが、先に髪の毛を早く伸ばすために行うべき結論を書いておきます。

  • タンパク質を摂る
  • 髪の毛に良いビタミンを摂る
  • 亜鉛を摂る
  • 傷んだ髪の毛は切る
  • ブラッシングをする
  • 地肌とすすぎを意識して正しく髪の毛を洗う
  • 髪の毛を乾かす時は冷風
  • ポリフェノールを摂る
  • 睡眠を十分とる(特に22時から2時までの間)
  • 頭皮マッサージをする
  • 髪の毛を結んで引っ張る
  • ヘアアクセルレーターを使う(緊急用)
  • エレンス2001ツインスキャルプシャンプーを使う(緊急用)

以上がこの記事で解説している髪の毛を早く伸ばす方法です。

詳しくはこれから紹介しますが、要点をわかりやすくするために最初に結論を書いておきました。それではさっそく、それぞれの紹介をみていきましょう。

髪の毛が伸びる仕組み

a0002_008675_m

毛根の中の毛乳頭で髪の毛は作られています。毛乳頭の周りを取り囲んでいる毛母細胞が毛細血管から毛乳頭に送られてきた栄養分で増え続けて押し上げられることで髪が伸びてきます。
ちょっと小難しい感じがしますが、基本的に髪の毛を早く伸ばすためには

  • 毛乳頭に送るための栄養分をしっかり摂取すること
  • 栄養分は血液によって運ばれるので血流を良くすること
  • 髪の毛が成長しやすいように頭皮環境を整えること

これらがポイントになります。

髪の毛が生え変わるサイクル

髪の毛の成長周期には大きく分けて3つの段階に分けることができます。

~成長期~

約2年から6年
新しい髪が生えてきて育つ時期。

~退行期~

約2週間
髪の毛の成長スピードが衰えてくる時期。

~休止期~

約3カ月から4か月
髪の成長は完全に止まっている状態で抜けるのを待っている時期。
この時期に新しい髪が生えてくるための準備もしています。

髪の伸びる早さ

実は髪の毛の伸びる速さは大体決まっています。もちろん性別や年齢、栄養状態や生えている場所、季節や気温などによっても変化はしますが、平均的に1日当たり0.3mm~0.4mm伸びると言われています。

髪の伸び方には個人差があるものの一日だいたい0.3㎜~0.4㎜くらい伸びるという事になります。
一か月にすると約1㎝~1.5㎝、一年では約15㎝くらいになります。

抜け毛

髪の毛は正常なヘアサイクルの人であれば個人差はあるものの一日で100本くらい抜けるのは普通です。

また、髪の毛一本一本が長くなると見た目として抜け毛の面積が増えます。これによって抜け毛が多いと感じてしまうことがあります。

産後の抜け毛

産後は髪が抜けやすくなるというのは聞いたことがあるかもしれませんね。
実際産後の抜け毛に悩むママは多いものですがどういうことかといえば妊娠中、ホルモンの影響で本来抜けるはずの髪が成長し続けており本来抜けるはずだった毛が産後一気に抜けるんですね。
過剰に悩まずにバランスの良い食事を心がけ、頭皮や髪の毛を衛生的の保つようにしましょう。
だいたい半年から1年くらいで治ることが多いです。

髪の毛を早く伸ばす方法

0126

まずおおまかに髪の毛を早く伸ばす方法として、4種類あります。それは、

  • 栄養
  • ヘアケア
  • その他
  • 裏ワザ

の4種類です。全て実行することで効果は倍増ですが、中々全てを行うことは難しいと思います。

ですが、自分にできるものを意識して行うだけでも髪の毛が伸びる速さは変わってきます。

また、髪の毛は傷んでいても伸びるのは根元からなので直接的にはあまり関係ありません。

それでもひとまずは、髪の毛は傷ませない方が良いということは知っておいてください。

後の項目「傷んだ髪の毛は切ってしまう」でも解説しています。

髪の毛に必要な3大栄養素「タンパク質・ビタミン・亜鉛」

髪の毛はみなさんが思っている以上に多くの栄養が元になっています。

毎日何気なく食べているものも髪の毛の元になっていたのですが、改めて髪の毛だけを意識してみてもバランスよく何でも食べなくてはいけないということがわかります。

昔から言われている「好き嫌いをしてはいけない」はこんなところでも実感できるものなんですね。

髪の毛の主成分となる「タンパク質」

m_2014-12-25_9b5d43dd777edecfe9c3ad43fbf1f7b3

髪の毛はケラチンというタンパク質が主成分になります。

髪に必要な栄養素としてアミノ酸があげられますがタンパク質を作っているのがアミノ酸なんですね。

食べ物などの裏に書かれているタンパク質の含有量を意識したり、タンパク質の多い食べ物を知ることが大切です。

  • 大豆製品
  • 乳製品

などに多く含まれています。

炭水化物が大好きで、ご飯やパン、麺を食事の中心にしていた人はおかずを意識してみると良いです。

ですが、食事の欧米化などから多くの人はタンパク質を毎日の食事でおかずなどから補えていることが多いです。

タンパク質を意識すると自然と塩分の摂取量も増えてしまいますのでそこは注意です。

髪の成長に必要な「ビタミン」

ビタミンは普段からあまり口にすること人が少ないものの方が多く含まれています。

特に

  • 緑黄色野菜
  • 牛・豚・鶏などのレバー
  • 乾物
  • 魚卵

など意識しないと口にすることは少ないですよね。

この機会に髪の毛を意識するのであればこういったものを進んで口にしてみましょう。

また、ビタミンのサプリメントを使うにしても髪の毛を意識したビタミンの含有量に注目してみましょう。

ビタミンA

頭皮の新陳代謝をよくしてくれてフケ・かゆみの防止にもなります。
過剰摂取で皮膚トラブルなどを起こすこともありますが普通の食事で取り過ぎになることはまずないので気にしすぎる必要はありません。

  • 乳製品
  • 卵の黄身
  • 牛・豚・鶏などのレバー
  • 緑黄色野菜

などに多く含まれています。

ビタミンB2

頭皮環境を正常に整えてくれる働きがありフケ・かゆみの防止にも効果があります。

  • 牛・豚・鶏などのレバー
  • 大豆
  • 乳製品
  • 青魚

などに多く含まれています。

ビタミンB6

髪の主成分であるケラチンはビタミンB6がなければ作られませんのでタンパク質を含む食品と一緒にビタミンB6を取らなければいけません。

  • ニンニク
  • ピスタチオ
  • 赤身の魚
  • 牛・豚・鶏などのレバー

などに多く含まれています。

ビタミンB7(ビオチン)

髪の成長に必要な成分が多く含まれています。

  • 牛レバー
  • ニシン
  • サケ
  • トマト

などに多く含まれています。

ビタミンB12

抜け毛を抑えてくれる働きがあります。

  • 貝類
  • 牛・豚・鶏などのレバー
  • 乾物

などに多く含まれています。

ビタミンC

頭皮環境を整え、血行をよくして栄養分を行き渡らせる働きがあります。

  • レモン
  • オレンジ
  • イチゴ
  • アセロラ

などに多く含まれています。

ビタミンE

血行を良くする働きがあります。
ビタミンCと一緒に摂取することで吸収率がよくなります。
過剰摂取でむくみなどのトラブルを起こす場合があります。

  • アーモンド
  • 魚卵
  • モロヘイヤ
  • 大根
  • かぼちゃ

などに多く含まれています。

きれいで元気な髪を保つために必要な「亜鉛」

a0002_001146_m

亜鉛はタンパク質を髪の毛だけでなく、筋肉や臓器などに変える働きもしています。

ですので、亜鉛が足りなくなると健康が大きく損なわれたり、そもそも髪の毛が生えなくなったり抜け毛の原因にもなってしまいます。

亜鉛には髪の主成分であるケラチンを作る働きがあります。更にビタミンの吸収をよくしてくれる働きもあり、ビタミンCと一緒に摂取することで吸収率がよくなります。

亜鉛の摂取は他の方法よりも効果的で、日常的に亜鉛を摂取している方の中には1日で0.6mmも髪の毛が伸びる人もいるそうです。

食事で摂取しようと思うとかなりの量が必要で不足しがちになります。食事だけでなくサプリメントなどでも摂取できますので是非試してみましょう。過剰摂取で免疫力が低下することがあるので注意してください。

  • 牡蠣
  • レバー
  • 卵黄

などに多く含まれています。

ビタミンで頭皮環境を整えて亜鉛がタンパク質を髪の毛にしていくといったイメージですね。
大切なのはバランスの良い食事で栄養をとることです。

髪の毛を早く伸ばすためのヘアケア

傷んだ髪の毛は切ってしまう

m_2014-8-20_45a3b7054b7342654448a84ca73001b1

髪の毛自体は痛んでいても髪の毛は根元から同じペースで生えますので伸びていきます。

しかし、髪の毛は傷めば傷むほどチリチリになりますし、変なクセやカールが生まれます。また、髪が切れたりする原因にもなります。

パーマをかけたことがある方はわかるかもしれませんが、パーマをかけると髪のボリュームは出ますが、同じ髪の長さでも見た目的には短くなってしまいます。

頭皮に向けてギュッっと凝縮されるイメージですね。これは髪の毛が傷むことでも同じようにドンドン癖やカールが出始めると見た目的に髪の毛が短くみえてしまいます。

髪の毛が切れるというのはその言葉のとおり、傷みによってせっかく伸びようとしている髪の毛が予定していないタイミングでプチっと切れてしまってはいつまでも髪の毛は伸びません。

一度傷んだ髪の毛は修復されませんので、そこから痛みが広がらないようにある程度傷んでいる髪の毛は切ってしまうのが最善です。

ブラッシング

130202hair

ブラッシングの効果

マッサージ効果による血行促進や頭皮の角質や髪の汚れを取ります。
髪に張り・コシや艶を出してくれる効果もありますがブラシ選びが悪いと逆効果になります。

ブラッシングに最適なブラシは?

静電気が起きにくくて毛先が柔らかく目の粗いものでおすすめは豚毛や猪毛のブラシです。
プラスチックやナイロン製は静電気が起きやすく髪を傷める原因になります。

正しいブラッシングのしかた

髪の根元から丁寧にブラッシングをすることで髪全体に皮脂を浸透させて艶のあるきれいな髪になります。
髪が傷んでいて絡まりやすい人は毛先から絡まりをやさしくほぐすようにといてあげましょう。

正しい髪の毛の洗い方

まず「正しいブラッシングのしかた」を参考にブラッシングを行います。

次に髪をしっかり濡らしてからシャンプーで洗います。

爪を立てると頭皮を傷つけるので指のはらで洗います。
髪の毛自体の汚れは、ごしごしと洗わなくてもシャンプーの泡で大抵落ちるものです。
髪を洗うというより地肌を洗うつもりで洗いましょう。ただし、ガシガシ髪の毛を雑に扱ってはいけません。

シャンプーの洗い残しがないようにしっかりすすぎます。すすぎの時間はシャンプーの時間の2倍はとりましょう。

実は短いすすぎの時間では洗い残しがおこりやすいです。洗い残しは毛穴を詰まらせるだけでなく、頭皮の臭いや痛みにもつながります。

また、きちんと時間をかけてすすぐことで頭皮の血行も良くなり、髪の毛の細胞を刺激することにもなります。

ドライヤーの冷風で乾かす

m_2014-8-20_2b430d906d7bec1ebcb89078ad22bb7c

ドライヤーの熱で髪が傷んでしまうからと自然乾燥にしている人もいますが、それは逆効果で、濡れている髪はキューティクルが開いていて、とても傷みやすい状態です。
シャンプー後はドライヤーで素早く乾かして髪が濡れている時間を少なくしましょう。

また、お風呂から出た後、髪の毛を洗った後はほとんどの方が温風のドライヤーで髪の毛を乾かしていると思います。

しかし髪の毛に温かい熱気をかけてしまうと、毛根から汗や皮脂が発生したり、距離を近づけすぎて熱で毛先を傷めることになります。

もちろん温風のドライヤーの方が早く乾くのですが、髪の成長の事を考えた場合、温風ではなく冷風で乾かすことが理想的です。

ドライヤーの熱で乾かすというよりは風で乾かす感じがいいです。

また髪の毛が傷まないよう気をつけるのであれば温風と冷風を交互に使いわけ、頭皮や髪の毛に適度な刺激を与えることもおすすめです。頭皮に刺激が加わると母毛細胞にも刺激が加わるので、髪の毛の生成が普段よりも早くなることが期待できます。

トリートメントは重要ではない!?

ヘアケアで一番大切なのはトリートメントだと思っていませんか?
髪にボリュームのない人はボリュームアップを、髪がひろがってしまう人はまとまりがよくなるように、ぱさぱさしてる髪はしっとりと・・・。
ですが、実はトリートメントは自分の理想とする髪質に「一時的に」近づけるだけのものです。
今生えている髪の毛の傷んでしまった部分というのは正直もとには戻りません。
理想の髪質に足りない成分をトリートメントで補うんですね。
トリートメント成分はずっと髪にとどまっているわけではありませんから洗えば落ちますし、それが1回で落ちるか2回か5回か・・・の違いです。
ですからこれから生えてくる髪の毛が健康で美しい髪になるように食生活の見直し、生活習慣の改善をすることが一番大切ですね。

ただ、傷みにくくするためのコーティングとしてはトリートメントは有効ですので、トリートメントを活用すること自体は間違ってはいません。

髪の毛を早く伸ばすためのその他

ポリフェノールの育毛効果

その他の栄養素としてポリフェノールの抗酸化作用が頭皮環境を正常に保ってくれます。これは、サントリーのサイトでも花色素ポリフェノールで育毛・薄毛改善として公式にレポートしています。
赤ワインやコーヒー、お茶などに含まれています。
飲み過ぎはよくないので、食後や仕事の休憩時間に飲むくらいがよいでしょう。
リンゴに含まれるリンゴポリフェノールも育毛効果がありますが皮の部分に含まれているので皮ごと食べる必要があります。

睡眠

a0002_008282_m

私たちの体は眠っている間に成長ホルモンが分泌されます。これは体の新陳代謝にも関わっていますが、もちろん髪の毛を生成する場合も同じです。

その為出来るだけ長い時間睡眠をとることが大切です。睡眠不足の方はしっかり睡眠をとっている方に比べて薄毛になりやすいというデータもある程です。

眠っている時間の中でも、特に成長ホルモンの分泌が著しいのは22時から2時までの4時間ですので、睡眠時間の長さよりも、出来るだけ早く眠るという事が肝心です。

頭皮マッサージ

a1640_000367_m

美容のために頭皮マッサージをしている方は多いと思います。しかし頭皮のマッサージは美容効果だけでなく、髪の毛を少しでも早く伸ばすためにも役立ちますので是非試してみてください。

頭皮をマッサージして血行が良くなると、母毛細胞が活発になり髪の毛の生成を速めることが出来ます。

方法としてはシャンプーをしている時やお風呂上りなど、皮膚が柔らかくなっている時に軽い力で刺激を与えてあげます。この時に大事なのは頭皮を揉むのではなく、指圧をするように押してあげることです。

こうすることで細胞に刺激が加わり、髪の毛の生成を活発にしてくれます。ちなみにこれは髪の毛を速く伸ばすだけでなく、薄毛や抜け毛の対策にもなりますので髪の毛を切りすぎた時だけではなく、日常的に行う事をおすすめします。

髪を結んで引っ張る

髪の毛を引っ張るという原始的な方法でも髪の毛を速く伸ばすことが出来ます。だからと言って手でグイグイと引っ張るわけではありません。

日常的に髪の毛を結んで適度に引っ張り続けることが大切です。もちろん強く引っ張りすぎると抜け毛の原因になりますので、あくまでも適度な力で引っ張ることが大切です。

またもっと効果を高めたい場合は眠る前に髪の毛を結ぶことをオススメします。

私たち人間の体は眠っている時に成長ホルモンが分泌されますので、その時に髪の毛を引っ張っておくと髪の毛が速く伸びるそうです。信じがたい話ですが、出来るだけ高い位置で髪の毛を結ぶと速くなるようです。

この方法は根拠があるわけではなく、昔から言われ続けている髪の毛を早く伸ばす方法で、今も成果がでている人が多いようなので紹介させていただきました。

わかめで髪が増えるという噂

「わかめを食べると髪が増える」という話を聞いたことがありませんか?
昔からよく言われてきた話ですが、わかめが直接髪の毛に作用するわけではありません。
ただ栄養分として摂取するなら、わかめには髪の成長に必要な亜鉛、鉄分などの髪の毛のためのミネラル自体は豊富に入っているので、魚・肉・大豆製品・卵などのタンパク質と一緒に食べると良いでしょう。

髪の毛を早く伸ばす方法・裏ワザ

hair-5

以上で紹介した方法は全て基本です。髪の毛を早く伸ばしたいんだったらこれはしなければいけない、そんな基本的なことです。

ここからは裏ワザですが、実は効果が最もわかりやすいものかもしれません。緊急の場合はこちらの方法が特におすすめです。

もちろん、上記の基本は実践した上でのことです。

ヘアアクセルレーター

<table border=”0″ cellpadding=”0″ cellspacing=”0″><tr><td><div style=”background-color:#FFFFFF;max-width:310px;margin:0px;padding-top:6px;text-align:center;”><a href=”http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/12465261.f644d740.12465262.7be53d07/?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fsoukai%2F4987046120731&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fsoukai%2Fi%2F10200630%2F&scid=af_item_tbl&link_type=picttext&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJwaWN0dGV4dCIsInNpemUiOiIzMDB4MzAwIiwiY29tIjowLCJjb21wIjoiZG93biIsInByaWNlIjoxLCJib3IiOjAsImNvbCI6MCwidGFyIjoxfQ%3D%3D” target=”_blank” style=”word-wrap:break-word;”  ><img src=”http://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/12465261.f644d740.12465262.7be53d07/?me_id=1203677&item_id=10200630&m=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fsoukai%2Fcabinet%2F31%2F4987046120731.jpg%3F_ex%3D80x80&pc=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fsoukai%2Fcabinet%2F31%2F4987046120731.jpg%3F_ex%3D300x300&s=300×300&t=picttext” border=”0″ style=”margin:2px”></a><p style=”font-size:12px;line-height:1.4em;text-align:left;margin:0px;padding:2px 6px;word-wrap:break-word”><a href=”http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/12465261.f644d740.12465262.7be53d07/?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fsoukai%2F4987046120731&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fsoukai%2Fi%2F10200630%2F&scid=af_item_tbl&link_type=picttext&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJwaWN0dGV4dCIsInNpemUiOiIzMDB4MzAwIiwiY29tIjowLCJjb21wIjoiZG93biIsInByaWNlIjoxLCJib3IiOjAsImNvbCI6MCwidGFyIjoxfQ%3D%3D” target=”_blank” style=”word-wrap:break-word;”  >ヘアアクセルレーター スウィートオレンジの香り(150mL)【ヘアアクセルレーター】[ヘアアクセルレーター]</a><br><span >価格:820円(税込、送料別)</span></p></div></td></tr></table>

これはネット上で「髪の毛を早く伸ばす商品」としてかなり人気があります。お風呂上がりに頭皮に振りかけるトニックのようなものです。スースーします。

香りは5種類あります。

レビューを見てみるとわかりますが、なかなかの高評価です。

  • かなりききました1ヶ月で2センチ伸びました。
  • 気休め程度。でも、いつもよりは伸びました。
  • 恐ろしく早く伸びる。
  • 美容院から泣きながら帰ってきたけど、2ヶ月これを頭皮にふりかけることでなんとかなった。
  • けっこう良い香り。癒される。

など、前向きなコメントが多いです。もちろん人によってはききめが薄かったという人もいますが、きかないというコメントはあまりありません。

各所で紹介されている人気商品です。根本的に頭皮に栄養、刺激を与えて育毛を促進するものです。

値段もお手頃で、学生さんなどでも少し頑張れば手が出る値段なのではないでしょうか。

髪の毛を短く切りすぎてしまった!!と気になる時はなりふりかまわず髪の毛を伸ばしたいものですからね。

お世話になっている人も多い商品です。しかし、この存在を知ってしまったがために毎回調子に乗って切りすぎてしまう人もいるとかいないとか。

エレンス2001 ツインスキャルプシャンプー

<table border=”0″ cellpadding=”0″ cellspacing=”0″><tr><td><div style=”background-color:#FFFFFF;max-width:310px;margin:0px;padding-top:6px;text-align:center;”><a href=”http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/11477a8c.0871bc64.11477a8d.87cd4301/?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fkenkocom%2Fx141550h&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fkenkocom%2Fi%2F10155870%2F&scid=af_item_tbl&link_type=picttext&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJwaWN0dGV4dCIsInNpemUiOiIzMDB4MzAwIiwiY29tIjowLCJjb21wIjoiZG93biIsInByaWNlIjoxLCJib3IiOjAsImNvbCI6MCwidGFyIjoxfQ%3D%3D” target=”_blank” style=”word-wrap:break-word;”  ><img src=”http://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/11477a8c.0871bc64.11477a8d.87cd4301/?me_id=1193677&item_id=10155870&m=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fkenkocom%2Fcabinet%2Fx141%2Fx141550h_l.jpg%3F_ex%3D80x80&pc=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fkenkocom%2Fcabinet%2Fx141%2Fx141550h_l.jpg%3F_ex%3D300x300&s=300×300&t=picttext” border=”0″ style=”margin:2px”></a><p style=”font-size:12px;line-height:1.4em;text-align:left;margin:0px;padding:2px 6px;word-wrap:break-word”><a href=”http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/11477a8c.0871bc64.11477a8d.87cd4301/?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fkenkocom%2Fx141550h&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fkenkocom%2Fi%2F10155870%2F&scid=af_item_tbl&link_type=picttext&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJwaWN0dGV4dCIsInNpemUiOiIzMDB4MzAwIiwiY29tIjowLCJjb21wIjoiZG93biIsInByaWNlIjoxLCJib3IiOjAsImNvbCI6MCwidGFyIjoxfQ%3D%3D” target=”_blank” style=”word-wrap:break-word;”  >エレンス2001 ツインスキャルプシャンプーEX-2(やわらかい髪用) 320ml[ケンコーコム エレンス2001 シャンプー スカルプケア]【あす楽対応】</a><br><span >価格:1296円(税込、送料別)</span></p></div></td></tr></table>

上記のヘアアクセルレーターは頭皮に栄養と刺激を与えるものでした。ですが、こちらは少し力技です。こちらもレビューをみてもらうとわかりますが、

  • これは最終兵器です。
  • 伸びてくるというより伸ばすという感じです。
  • スゴイです!!本当に伸びます!
  • 20年以上前の商品なのにまだありました!!これならすぐロングヘアーになりますね。

などなど、褒めるコメントばかりです。ですが、レビューにもある通りこちらは伸びるというより髪の毛を薄く伸ばすようなものです。

少し髪の毛が細くなったりするなどのコメントもありましたので、まさに最終兵器。背に腹はかえられないときにつかうものです。しかし、うってかわって

  • きしんでいた髪の毛が復活した
  • 泡立たないけど、髪の毛が柔らかくなった

など、髪の毛に栄養を与えているのも確かなようです。

以上、ふたつとも緊急用の裏ワザとして紹介しました。基本的に家でできることとは違い、少しお金もかかってしまいますが、なにがなんでも!という人はぜひとも基本も行った上で試していただきたいと思います。

髪の毛が伸びるのが遅くなってしまう原因

sutores

髪の毛が伸びるのが遅くなってしまう原因として挙げられるものは

  • 栄養不足
  • 血行不良
  • 傷み

があります。

栄養が足りないのと髪の毛の材料が無いので成長できません。

血行が悪いと栄養が足りていても頭皮にある毛母細胞に十分栄養を運ぶことができません。

最後に傷みですが、これはヘアケアの項目で紹介した通りです。

髪の毛の伸びるペースへの影響ということではなく、切れ毛、枝毛、クセやカールが生まれることで見た目的に髪が伸びて見えなくなるということです。

以下で具体的に髪の毛が伸びることについてNGなことを紹介します。

喫煙

タバコに含まれているニコチンが血管を収縮させることで血行が悪くなります。
「髪の毛が伸びる仕組み」でもお話しした毛乳頭に栄養を送るための毛細血管にも当然影響がありますのでせっかく摂取した栄養分をしっかり届けることができなくなります。

睡眠不足

睡眠で成長ホルモンが分泌されるということも解説しましたが、成長ホルモン以外にも睡眠は髪の毛に関係しています。

それは、血行という面です。睡眠不足が続くと体の疲れがとれませんよね?頭皮も同じです。

睡眠不足になると血管が収縮して栄養が行きわたらなくなります。

単純に短すぎる睡眠時間は血管へ悪影響です。

ストレス

過度のストレスは自律神経に影響を及ぼし、毛細血管を収縮させて血行が悪くなります。
髪に栄養を運んでくれるのは血液なので結果的に栄養を届けにくくなるので健康な髪が生えてこなくなります。
ストレスの原因を取り除くのが一番ですが、仕事など生活環境をかえるのがむずかしい場合は上手にストレス発散、リラクゼーションを心がけましょう。

紫外線によるダメージ

意外と意識されていないのが紫外線による髪へのダメージです。
紫外線は髪のキューティクルを傷つけてはがれやすくします。
これは枝毛や切れ毛の原因にもなります。
すでにお話ししたように一度傷んだ髪はもとには戻りません。
防止をかぶるなどの予防が重要です。

髪の毛を濡らしたまま過ごす

「ドライヤーの冷風で乾かす」の項目でも紹介しましたとおり、髪の毛は濡れている時はとても傷つきやすい状態になっています。

そのまま寝てしまうのはもってのほかです。

カラーやパーマ

よく言われるようにカラー・パーマは髪の毛の負担が大きいです。特に自宅などで行う場合は要注意です。

美容院にかよっている場合は美容師さんと相談の上で行うようにしましょう。

 まとめ

髪を早く伸ばすためにはバランスの良い食生活で髪の毛のもととなる栄養分を補うことがまず大切です。

そして頭皮環境を整えるための生活習慣を心がけ正しいヘアケアを行いましょう。

中には原始的な方法もありましたが、栄養面や物理的な事を上手に組み合わせることで、髪の毛を切りすぎてしまったという悩みから解放されることでしょう。

またここで紹介した方法は髪の毛を速く伸ばすだけでなく、抜け毛や薄毛の対策や予防にもなります

また、裏ワザではamazonの商品を紹介しました。こちらもレビューの声は褒めるものばかりです。騙されたと思って、わらにもすがる思いの方はぜひともお試しください。もちろん、普通のドラッグストアにも商品はありますので、急ぎの方は探されてみてください。

髪の毛のコンディションひとつで気持ちも軽やかになりますので、健康と同じくらい気を遣う事が大切です。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ