痩せる筋トレ!スクワットの凄い効果!

c816b71ff0c6cf6278c9daa8c5765aad_s

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットのために様々な運動に取り組んでいる方が多いですが、いずれも辛くて中々続かないものです。

そんな方にオススメなのがスクワットです。

スクワットは腹筋運動よりも体を引き締め痩せ体質を作るのに凄い効果をもたらします。

早速実践してみましょう。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


スクワットの凄い効果!!

ダイエットのためにジョギングやウォーキング、筋トレなど様々な運動に取り組んでいる方も多いでしょう。しかし思うような効果を実感している方はどれほどいらっしゃるでしょうか。恐らくほとんどの方が理想とは程遠く、思うような成果を上げられてないと思います。中には辛くて挫折してしまう方や、忙しくて時間がとれずに辞めてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

このように思うような成果が出ない方に是非オススメしたいのがスクワットです。スクワットは古くからおこなわれている筋トレですが、痩せるための運動として最もふさわしいと言っても過言ではありません。

 

スクワットはそもそも太ももの筋肉を鍛えるためのトレーニングなので、脚が太くなるというイメージから女性は敬遠しがちです。しかし太ももの筋肉は体中のありとあらゆる筋肉の中で最もカロリーを消費する筋肉ですので、太ももの筋肉が衰えると太りやすい体質になってしまいます。脚が太くなることを恐れるあまり、逆に肥満体質になってしまったら元も子もありません。痩せ体質へと変えてくれるスクワットこそ、まずすべきトレーニングだと言えるでしょう。

 

ちなみにその効果は絶大です。例えばあなたが1日に15回のスクワットを行ったとしましょう。その時の効果は腹筋運動を500回行ったときとイコールなんです。500回もの腹筋運動をするのは極めて困難です。例え頑張ったとしても面倒になって挫折するのが関の山。それならばたった15回のスクワットを行い、効率よく痩せていく方が理想的だと思います。

 

またスクワットはその他の筋肉トレーニングと違い、特別な道具もいりませんし、空き時間にどんな場所でも行うことが出来ます。仕事い追われ忙しい現代人にとってこれはとても嬉しいメリットです。職場での休憩時間や自宅でテレビを見ている時、そんなちょっとした時間でも行えますので是非試してみましょう。

 

それではここから先は、スクワットを実践するにあたり重要ないくつかのポイント、そして痩せたい部位によってどのように行えばよいのかを解説していきたいと思います。

 

スクワットの実践法(初級編)

ダイエットを始めたばかりの初心者の方は、まず基本となるスクワットを行ってみましょう。これを身につければ気になる場所に重点を置いたスクワットも簡単に行えるようになります。また足が太くなるという事で敬遠する女性が多いですが、女性の場合はよほどのトレーニングをしない限り足が太くなることはありませんので心配は要りません。

 

まずスクワットを行うにあたり、最も大切なのはフォームです。正しいフォームで行わないと膝や腰を痛め、更には効果が激減してしまう恐れがありますので注意が必要です。脚は肩幅よりも少し広めに開き、指先を外側に向けて立ちます。その時手は頭の後ろ、もしくは胸の前でクロスさせるのが基本です。

 

しゃがむときには息を吸いながら、お尻を後ろにつきだすようにししゃがんでいきます。その時に太ももと床が平行になるところまで下げて行きましょう。背中が丸まらないよう、姿勢を正したままおこないことがポイントです。

 

次に息を吐きながらゆっくりと体を起していきます。この時も背筋が丸まらないようにし、膝が完全に伸びきらないところでストップします。完全に伸びきってしまうと筋肉への負荷が減ってしまいますので、伸びきるか伸びきらないかのところで維持しましょう。これを5回、3セット行ってみましょう。

 

スクワットの実践法(ボディメイク編)

ダイエットを行う方の大半は、ポッコリお腹に悩まされていると思います。スクワットは太もものトレーニングですが、方法を理解すればポッコリお腹を解消しボディメイクすることも可能です。お腹を凹ませるために腹筋運動を何度も行っている方も多いと思いますが、スクワットの方が意外に効果的ですので是非試してみましょう。

 

まず両足を肩幅より少し広めに開いて立ちます。その時背筋が丸まっていないか、全身がしっかり前を向いているかを意識してください。両腕は頭の後ろで組み、鼻から息を吸いながらゆっくりと腰を落としていきます。その時心の中で1~8までをカウントしてみましょう。8の時に腰を落とすことがポイントです。この時にもつま先が内側に向いていないか、全員が前を向いているのか姿勢を再確認しましょう。そして息を吐きながらゆっくり戻していきます。

 

あまり速いスピードで行うと効果は減ってしまいます。筋肉量が少ない方や筋力が弱い方であれば尚更ゆっくり行う事が大切です。こうすることによって普段使われていない筋肉が使われ、高い効果が期待できます。行う回数としては特に決まりはありませんが、自分の限界をあと一回超えてみましょう。慣れてきたら水の入ったペットボトルなどをもって負荷をかけるのもおすすめです。

 

スクワットの実践法(代謝アップ編)

ここで紹介するスクワットは、基礎代謝を上げるのに効果的で痩せ体質を作ることが期待できます。ですので特にどこを痩せたいという訳ではないが、太りにくくなって理想的な体を手に入れたい方にオススメです。

 

脚を肩幅に開いたらおへその下(丹田)に力を入れ、姿勢を整えます。両腕をキョンシーのように前にだし、息を吸いながらつま先立ちになります。そして息を吐きながらつま先立ちのまま腰を下ろしていきます。ポイントはボディメイク編と同様でゆっくりと行うことです。これをまずは10回繰り返してみましょう。

 

今までのスクワットの違いはつま先立ちになるという事です。こうすることで太ももの内転筋を鍛えることが出来、今までより代謝をアップさせることが期待できます。

 

スクワットの実践法(脚やせ編)

何度も言いますがスクワットで脚が太くなるというイメージは捨ててください。ここからはその逆で脚を細くするスクワットを紹介していきます。

 

今までのスクワットは脚を肩幅に開いた姿勢で行いましたが、今回はそれにプラスして腰を下ろした際に膝を左右に広げてみましょう。つま先立ちになった状態からゆっくり腰を下ろします。その時に少し恥ずかしい姿勢ではありますが、膝を外側へ開き、腰をその中心に落としていきます。こうすることでバランスを保つようにするため下半身に多くの不可が掛かり、脚やせ効果とヒップアップ効果が期待できます。

 

まとめ…

今まで敬遠しがちだったスクワットの効果、ご理解頂けたでしょうか。何しろ腹筋運動500回=スクワット15回という驚異の効果が期待できますので試してみない手はありません。隙間時間で行っていけば、知らず知らずのうちに理想の体型になっているという事も期待できますね。簡単ですので今日から早速始めてみてください。

 


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ