太る、痩せない原因は脳のストレスだった!!

64a160b2b13714701ec934966da592c4_s

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットを頑張っているのに全く痩せない、むしろ太っていくばかり。

そんな悩みを抱えている方は少なくないでしょう。

それは脳のストレスが原因というケースが良くあります。

痩せるためには脳のストレスを軽減だせることが大切です。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


脳のストレスはダイエットの大敵!!

最近ではほとんどの女性がダイエットに取り組んでいると思います。理想的な体型、誰もが振り向くような美貌を手に入れるためにはダイエットは欠かせません。現代の女性にとってダイエットはライフワークだと言っても過言ではないでしょう。

 

しかしどれだけ努力をしても効果が出ないで悩んでいる方も少なくないはずです。もしかするとダイエットに取り組んでいる大半の方が効果を感じられずにいるのではないでしょうか。ではなぜ多くの方がダイエットを成功させることが出来ないのでしょうか。

 

その原因と追究していくと、ダイエット法が間違っていたんじゃないか、意志が弱かったからなんじゃないかと思いがちですが、実はそれに限ったことではありません。実はダイエットを成功させられない一番の原因は脳のストレスです。脳は私たちの行動や思考、全てを司っていますのでストレスを感じてしまうとダイエットすらも上手くいかなくなってしまいます。時に健康を害す恐れもあります。

 

健康的に美しく痩せていくためには、ダイエットの方法よりも、ご自身の我慢強さよりも、脳のストレスを軽減させることに意識を向けなければなりません。それでは脳はどんな時にストレスを感じてしまうのか、その理由を探っていきましょう。

 

・痩せられないことが脳のストレスに!!

ダイエットを行う時に必ずしてしまうのが過度な食事制限です。食べなければ痩せるというイメージが払拭できない為、多くの方が食べたいものを我慢していることでしょう。しかしついつい甘いものを口にしてしまったり、脂っこいものをたくさん食べてしまう。それで挫折する方も多いでしょう。

もちろん我慢できるに越したことはありません。しかし「痩せなきゃ!」と強く思うあまり食べてしまった自分を責めてしまったり、中々痩せられないことに苛立ちを感じたりすると、脳は知らず知らずのうちにストレスを抱えてしまいます。

ダイエットは強い意志を持ち欲望と戦うという事も大切ですが、順調にダイエットを行っていても、停滞期というのは誰しも訪れますし、体質によっては中々痩せないことだってあります。それをストレスにしてしまうと更に痩せられなくなり、悪循環になります。痩せない自分を責めない、苛立ちを感じないという事もダイエットにおいてはとても大切です。

 

・我慢のしすぎは脳のストレス!!

私たちに人間の脳には「大脳新皮質」という知的活動を司る部分と、「大脳旧皮質」という生きるために必要な欲求を司る部分があります。この二つから指令が出され、私たちの体は健康を保ち、そしてあらゆる行動を救ることが出来ます。

これはダイエットにも大きな影響を与えています。ダイエットをするときに「食べ過ぎてはいけない」「運動しなければいけない」という我慢の感情が生まれるのは仕方のない事です。しかしあまりにも我慢をし過ぎてしまうと、脳がパニックを起し正常な機能のバランスを崩してしまい、ストレスを抱えることになりかねません。

仕事が忙しくなるとストレスを抱えるのと同じです。食べてはいけない。運動しなければいけない。痩せなきゃいけないという強い気持ちは大切ですが、過ぎたるは及ばざるが如し。脳がストレスを感じるほど我慢をしてはいけません。益々痩せなくなり更にストレスを抱えるという悪循環を招いてしまいます。

 

・健康を害す恐れも…!!

言うまでもないですが私たちの体が正常に、健康を保たれているのは、脳がそのように命令を出しているからです。例えば体温が上がると汗をかき体を冷やすこともそうですし、風邪を引いたら熱を出して菌を殺すというのもそうでしょう。ですので脳がストレスを抱えてしまうと、痩せないで太ることはもちろん、五感にトラブルをお越し健康を害することになりかねません。

痩せなきゃという強い気持ちは大事ですが、度が過ぎてしまうと脳がストレスを感じ、様々な病気を引き起こしてしまう恐れがあります。痩せたいと思うあまり体調を崩してしまえば元も子もありません。ダイエットというのは美しく健康的に痩せるのが理想的ですので、脳にストレスを与えないようにしなければなりません。

 

ストレスを軽減させダイエットを成功させる

脳のストレスとダイエットには深い関係性があるという事はご理解頂けたと思います。ではここからは、どのように脳にストレスを掛けずにダイエットしていくのか、大切なポイントを解説していきますので、しっかりと頭に入れておきましょう。

 

・痩せた自分をイメージする

イメージトレーニングという言葉は耳にしたことがあると思います。アスリートなどは競技の前に最大限力を発揮し活躍している自分を思い描くそうです。そうすることで脳が勝手にそうなるように働きだし、実際に活躍できるようになるんだとか。

これはダイエットにも応用できることです。まず痩せた自分を出来るだけ鮮明に思い描きましょう。この時痩せた自分の見た目だけを想像しるのではなく、痩せて美しくなって素敵な彼氏とデートしている場面や、素敵な洋服を身にまといオシャレな街を颯爽と歩いているところなど、痩せた暁にしたいことを思い描きましょう。

そうすることで「痩せなきゃ!」という義務感から「痩せたい!」という欲求に変わり、脳はストレスを抱えなくなっていきます。要するに「やらなければいけない」という感情から「やりたい」「ワクワクする」という感情にシフトすることが肝心です。

大好きな彼氏とデートしている時や友人と海外旅行に出かけている時にストレスを感じる方はいませんよね。ダイエットもこれと同じです。痩せた自分がする行動を鮮明に思い描き、脳のストレスを軽減していくことでダイエットは成功に導かれます。

 

・嘘の空腹を見極める

皆さんはどのような時に食事をするでしょうか。もちろんお腹が空いたときという方もいるでしょうし、お昼休みになったから食べるのは当然と思っている方も多いでしょう。しかしその時本当にあなたは空腹を感じているでしょうか。

実は人間には嘘の空腹感というものがあります。体が栄養を欲していないのに空腹を感じ何かを食べたいと思わせるものが何かあるんです。それはお昼休みを知らせるチャイムかもしれません。甘いものが目の前に現れたときかもしれません。いずれにしてもその時に「本当に栄養が必要なのか」「本当に空腹なのか」という事を脳に質問してみましょう。本当は必要ないのに食べてしまうと脳はバランスを崩しストレスを感じてしまいます。

周りが食べているから…というのは最も危険です。なんとなくで食べるのは危険ですので今すぐに止めましょう。

 

・脳を常にリラックス

一見するとダイエットに関係なく思えますが、脳をリラックスすることもダイエットを成功に導く有効な方法です。休日には自然あふれる場所に出掛け五感を養ったり、素敵な音楽を聴いてみるなども良いでしょう。

とにかくストレスが多い日常から抜け出し、脳をリラックスさせることを積極的に取り組んでいきましょう。この時も当然義務感は禁物です。脳をリラックスさせないといけないという感情は捨ててくださいね。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ