ジョギングよりもウォーキング!歩く方が痩せる理由とは…

4475ec4cd2bf7d32531bfa0daf842c79_s

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットといえばジョギング…。

そう認識されるほどジョギングに励んでいる方が多いですが、実は痩せることを重視した場合ジョギングよりもウォーキングの方が効果的だという事が分かってきました。

果たしてその理由とはどんなことなのでしょうか。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


ダイエットはウォーキングが最適!!

健康志向が進んできた近年、様々な場所でジョギングをしている方を多く見かけるようになりました。その方の中には大々的なマラソン大会に出場することを目標にしてる方もいるでしょうし、体力作りのために走っているという方も多いでしょう。しかしその一方でダイエットを目的としてジョギングに取り組んでいる方も少なくないと思います。

 

ジョギングというのは有酸素運動ですのでダイエットには最適だと昔から言われてきましたし、それを疑う事もなく信じられてきたので痩せるために走っている人が多いのは当然です。しかし最近ではジョギングよりもウォーキング、すなわち走るよりも歩く方がダイエットには適しているという事が分かってきました。

 

走ることと歩くこと、一見すると走る方が激しい運動なので効率的に痩せることが出来るように感じますが、実は走ることと歩くことはそもそもの効果が違い、どちらかというと歩く方が痩せるためには効果的だと言われています。

 

今まで頑張って走ってきた方にはショックな説かもしれません。もちろん走るのが好きでジョギングをしているという方もいるとは思いますが、辛いのを我慢して走っているとい方は、これを機に走るのを辞めてみて、ウォーキングをして理想的な体型を手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

ウォーキングのメリットとは…!?

ではなぜジョギングよりもウォーキングの方がダイエットに向いているのか、その理由を細かく解説していきたいと思います。マラソン大会を目指す方でなければ、間違いなく走るのが辛いと思っているはずです。もしもダイエットが目的ならウォーキングがダイエットに効果的な理由をしっかり理解し、今後は自分のペースで無理なく歩いてみましょう。

 

・走ると糖質、歩くと脂肪が燃焼される!!

ジョギングをすると脂肪が燃焼されて痩せると多くの方が思っていますが、実は走っている時というのは脂肪ではなく糖質を消費しています。その為運動強度を出来るだけ上げるジョギングは頑張っても脂肪燃焼の効果が極めて低いと言えます。速く走れば走る程有酸素運動というよりも筋肉トレーニングのような無酸素運動の要素が高くなるためダイエットにはあまり効果が現れません。

いっぽうでウォーキングは糖質ではなく脂肪を燃焼させる効果があります。スローなスピードで歩くことは言うまでもない有酸素運動ですので、効率よく脂肪を燃焼しダイエットに繋がります。あまり広くは知られていませんでしたが、走ることと歩く事というのは消費するもの事態が別だったという事です。

 

・脚に負担をかけない!!

ダイエットのためにジョギングを始めたんだけど、足を痛めてすぐに辞めてしまったという方、結構多いのではないでしょうか。普段からジョギングをしていて走る事になれていない方は、急に走ると必ずや足を痛めてしまいます。

走るというのは両足が地面から離れるため、着地の時に膝や足首に大きな負担がかかります。これは歩いている時の数倍にも及ぶそうです。もしも足を痛めてしまえばダイエットどころではありません。治療に時間を費やしますし何よりも日頃の生活にも支障をきたしてしまいます。痩せることが目的であるのなら、急に走るのではなく脚に負担がかからないように歩くことをオススメします。

 

・心臓に負担をかけない!!

嘘か誠かわかりませんが、人間の心臓というのは一生でカウントされる鼓動の数には制限があるそうです。信じる信じないは自由ですが、平均して約20億回の鼓動を打つと死を迎えるそうです。

もしもこれが本当ならば、走ったほうが心臓に負担をかけ寿命を短くしてしまうという事になります。もちろんこれが嘘だったとしても歩くより走る方が心臓に負荷をかけているという事には違いありません。ジョギング中に心筋梗塞を起こしてなくなる方も実際に多いようですので、日頃から運動になれている方でない限り、むやみにジョギングをしない方が良いと言えるでしょう。もちろん体を鍛えるという意味合いならジョギングをすることをオススメしますが、ダイエットの為なら心臓に負担をかけないウォーキングをオススメします。

 

・気軽に始められる!!

ジョギングを始めるというと、シューズを用意したりジャージを用意したりしなければなりません。それに「ヨシ!走るぞ!」と意気込まなければ中々行動に移せません。しかし歩くというのは私たち人間が日常的に行っていることです。

もちろん本格的にウォーキングをしようとするならば準備が必要ですが、散歩程度なら気軽に始められますよね。通勤や通学の時に少しだけ遠回りをする、階段を積極的に使用する、休日はショッピングに出かけるなど、日頃の生活に少しプラスするだけでダイエットには効果的だと言えます。気張って走るよりも気軽にあるいた方がメリットは多いはずです。

 

・長続きし挫折しない!!

ダイエットに限ったことではなく何事も「継続は力なり」です。辛いのに走らなければいけない。痩せるためには続けなければいけない。このような心理状態ではダイエットを長く続けることは出来ません。食事制限などもそうですが、無理がたたると3日坊主になってしまい目標に届くことは決してありません。

短期的に痩せることも大事な事ですが、小さなことを長く継続したほうが、将来的には効果があるのでジョギングよりもウォーキングの方がダイエットには効果的だと言えるでしょう。

 

・脚のむくみを解消し美脚効果!!

走ることは脚に負担をかけると説明しましたが、あまりにも強い刺激を与えてしまうと血流が悪くなり、女性の多くが悩まされている「脚のむくみ」を招きかねません。いっぽうでウォーキングは血流を促進しむくみを解消する効果があるので、自然と細く見える脚を手に入れることが出来るでしょう。

 

・激しい運動はリバウンドを招く!!

我慢をするとその反動で爆発する。これが人間の常です。その為あまりにもハードなダイエットを行うと必ずやリバウンドをすることになります。自分ではジョギングをして有酸素運動をしているつもりでも、今まで運動不足だったのに激しく走ることで呼吸が乱れ、無酸素運動をしていることと同じという具合になる場合があります。酸素をうまく取り込まないと脂肪を燃焼させることが出来ませんので逆効果になることも。

特にダイエットを始めたばかりの時に激しい運動をしてしまうと、体質自体が痩せにくく太りやすくなってしまいますので注意が必要です。何が何でも痩せたいという強い気持ちは大切ですが、あまりにも激しい運動は我慢が必要となり、その反動で間違いなく運動が面倒になります。するとどんどん太っていき気がつけば取り返しのつかないことになりかねません。

 

このようにダイエットを目的とした場合、ジョギングよりもウォーキングの方が効果的だという事がお分かり頂けたと思います。爽快な空気を感じながら、体に負担をかけずに気分良く歩いてみましょう。それを継続することで自ずと理想的な体型を手に入れることが出来るでしょう。もちろん食生活にも気を配りながら行う事が重要です。

 


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ