原因不明な頭痛や肩こりは、ストレートネックの可能性!!

74adc51447952b2607cfefb527746111_s

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特に何をしたわけでもないのに肩こりや頭痛が起こる。これはストレートネックの可能性が考えられます。

ストレートネックは日常の姿勢が主な原因なのですが、放っておくと更に症状が悪化する恐れも…。

ここでは原因や対処法を詳しく解説していきます。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


こんな状態ならストレートネック!!

特に激しい運動をした訳でもない。風邪を引いた兆候もない。それなのにしつこい肩こりや頭痛が生じた場合、それはストレートネックの可能性があります。ストレートネックという言葉はあまり聞きなれないものですが、近年女性を中心に流行している症状です。その数は年々増加していっているようですので決して他人ごとではありません。

 

もしも前述したように原因不明の肩こりや頭痛が生じた場合はこの可能性がありますので、鎮痛剤で対処するだけで済ますという事では危険です。しっかりとケアをしないと症状が改善しませんので甘く見てはいけません。その他にも慢性的な冷え性だったり頭から首の付け根部分が妙に重く感じたりなどがあればまずストレートネックだと言っても過言ではありません。

 

そもそもストレートネックというのは姿勢が猫背になり、顔とあごが首の上にしっかりと乗らず前に突き出した状態の事を言います。首の骨というのはまっすぐだと思いがちですが、本来は背中側に湾曲しているものです。しかし顔やあごが前に飛び出てしまうと湾曲がなくなり直線になって今います。「ストレートネック」という名前の由来はここにあります。

 

このような姿勢になると頭のすべての重みが首の付け根や肩に圧し掛かり負担がかかるため、凝りや痛みを感じます。要するに猫背になって重みに耐えられなくなった状態という事です。首が男性よりの細く筋力が少ない女性に多く見られるのはこの為です。

 

ストレートネックの原因!!

ストレートネックは強い衝撃が加わったり、何かしらの病気が原因で起こるわけではありません。そのほとんどが日常の姿勢が悪化しているという事が原因です。現代人は一昔前に比べパソコンやスマホを使用する時間がかなり増えました。その為意識していなければどんどん姿勢が悪くなっていきます。

 

特にデスクワークが中心の生活をしている方が要注意です。デスクに座りパソコンを使用している時、無意識に猫背になって顔やあごが前に突き出す、もしくはあごが上に向いてまいます。すると本来湾曲している首の骨がまっすぐになってしまいストレートネックになってしまいます。

 

一度こうなってしまうと一大事です。長時間緊張していた筋肉はなかなかほぐすことが出来ません。すると首の付け根や肩周辺の血管が圧迫されてしまい血流が悪くなって肩こりや頭痛が生じます。これは頭痛薬などの鎮痛剤で痛みを和らげたとしても、慢性的に痛みが続くので大変つらいもの。

 

この他にも長時間車の運転をする際なども要注意です。どうしてもあごが自然と前に出てきてしまう姿勢はストレートネックの大きな原因ですので、長時間同じ姿勢をとる場合はあごを引くように意識しておかなければなりません。

 

ストレートネックの主な症状!!

日頃の姿勢が悪くストレートネックになってしまうと、様々な症状が現れていきます。ひとつならまだしも色々な症状が併発してしまうと耐え難いものになってしまいますので、注意が必要です。ではストレートネックの症状をそれぞれ詳しく解説していきます。

 

・肩こり

冒頭から何度も申し上げていますが、原因不明の肩こりが生じた場合はストレートネックの可能性が極めて高いです。一日に何時間もパソコンやスマホを使用していたり、長時間車の運転をしていたりすると首の根元に頭の重さが全てかかってしまいます。すると肩周辺、首の根元の血管が圧迫され血流が悪くなり、異常なまでの肩こりが生じてしまいます。この場合塗るタイプの痛みどめや湿布をしても中々治りません。そもそものストレートネックを改善して血流を改善しないことには良くならないことがほとんどです。

 

・頭痛

これも肩こりと同様に冒頭から何度もお伝えしていますし、原因もほぼ同じです。首の付け根や肩と頭というのは極めて近い部分にあります。ストレートネックになり首の根元の血管が圧迫されると、頭の血流も滞ってしまい強い頭痛を生じます。鎮痛剤などで一度は痛みが和らいでも再び痛みが生じなかなか治りません。

 

・腕のしびれや痛み

腕の根元は肩や首の根元です。ですのでストレートネックになり首のけつりゅが悪くなると腕にも症状が現れる場合があります。血流の悪化によるしびれはもちろんのこと、痛みが生じてしまうと腕が上がらないほどになることも…。こうなってしまうとパソコンだけでなく普段の生活にも様々な支障をきたしてしまいますので予防や対策がとても大切になってきます。

 

・目眩や吐き気

長時間パソコンを使用していたり、何時間もテレビゲームをしていて気持ちが悪くなった経験はありませんか。もしもこのような経験がある場合ストレートネックが原因かもしれません。血流が悪くなるという事は凝りや痛みだけでなく、脳に様々な障害をもたらします。すると意識障害が生じ目眩や吐き気を伴う事があります。こうなると仕事はおろか外出することすら辛くなってしまうので生活に支障をきたしてしまいます。

 

ストレートネックの予防&対処!!

このようにストレートネックは様々な症状を引き起こし生活に支障をきたしてしまいます。そうならないようにするためにはしっかりと予防することが大切です。またいざストレートネックになってしまった場合は、症状を治療すると同時に適切な対処をする必要があります。

 

それでは実際にどんな方法で予防&対処が出来るのか解説していきますので、いざという時のためにしっかり理解しておきましょう。

 

・普段から姿勢を意識する

ストレートネックの大きな原因は日頃から悪い姿勢でいることです。すなわち予防策としては姿勢を常に意識し、悪い姿勢にならいように注意しておくことです。パソコンを使用する際は1時間おきに休憩を挟む、あごが上がって顔が前に出ていないか注意する、椅子の背もたれに寄りかからずに姿勢を正す。などなど、常に背筋を伸ばし猫背にならないよう心掛けることが大切です。

 

・適度なストレッチ

デスクワークが長く続いた場合、意識していても猫背になっている場合があります。このような時は息をゆっくり吐きながら背伸びをしたり、両手を上げて腕を後ろにそらしたりなど、ストレッチをする必要があります。これは予防にもなりますし実際に症状が出たときの対処法にもなります。この際効果をさらに上げるためにはゴムチューブなどを使用し、伸縮性を利用して筋肉を伸ばしていきましょう。こうすることで姿勢が正しくなり、首の骨が本来の形に改善されていきます。

 

・症状がひどい場合には受診を…

姿勢を正しストレッチをする。そして頭痛や肩こりの痛みを薬で対処する。それでも症状が改善されず1か月から2か月程度続く場合は、もはやセルフケアではどうしようもありません。病院を受診し適切な治療をすることをオススメします。

 


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ