お酒を翌日の残さない!!効果的な二日酔い対策!!

c8229527b474220f57969062c1b85eb6_s

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仲間と一緒にお酒を飲むとついつい飲み過ぎて、二日酔いになってしまう事があります。

二日酔いになると頭痛、胃痛、胸やけ、吐き気、倦怠感などなど良い事は一切ありませんしとても辛いもの。

ここでは二日酔いにならない為の対策法を紹介します。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


冬は二日酔いシーズン!!

お酒を飲むと楽しい気分いなりますが、ついつい飲み過ぎてしまうと翌日までお酒が残り、二日酔いになってしまいます。特にこれからの時期はクリスマスや忘年会、お正月といったイベントが盛りだくさんなので、気の合う仲間や家族とお酒を飲む機会が普段よりも多くなります。仲間や家族と飲むといつも以上に盛り上がるんですよね。すると「これ以上飲まない方が良い」と頭では分かっていても、つい飲み過ぎてしまいます。

 

これからの冬の時期はまさしく二日酔いシーズンです。翌朝早いと分かっていても、翌日辛いのは分かっていても、楽しく飲んでいれば理性も吹っ飛んでしまい二日酔いになりがちです。もちろん二日酔いは自業自得ではありますが、実際になると頭痛、胃痛、胸やけ、吐き気、倦怠感など、様々な症状が現れ何ひとつ良い事がありません。仕事も手につかなくなりますし、ひどい場合には外出することさえ辛くなってしまいます。

 

やはりお酒おたしなむ大人として、翌日にお酒を持ち越さない飲み方をしなければいけません。また万が一飲み過ぎてしまい二日酔いに見舞われたら、周囲の人たちに迷惑をかけないようすぐに対策をとり改善させなければいけませんね。仕事が滞り迷惑をかけるのであればお酒を飲んではいけません。ですが楽しいお酒は飲みたい。

 

そんな方のためにここでは二日酔いになりにくいお酒の飲み方や、もしも二日酔いになってしまった時の効果的な対処法を紹介します。飲んでしまえば忘れてしまうかもしれませんが、頭の片隅に入れておき、飲む前に思い出して頂ければ幸いです。

 

二日酔いになりにくい飲み方!!

お酒を飲む際は翌日の事なんか考えずに思い切り楽しみたいところではありますが、翌日に辛い思いをしないように飲むのも大人のマナーです。出来るだけ翌日にお酒を残さないような飲み方を身に着けておきましょう。

 

・飲酒の前にコップ一杯の水

お酒は肝臓で分解されるのですが、その際には大量の水分が必要になります。という事は全く水を飲んでいない状態でお酒を飲むとアルコールの分解が滞り二日酔いになってしまいます。お酒を飲む前、特に度数の強いお酒を飲む前にはコップ一杯の水を飲むようにしましょう。たったそれだけでお酒の残り方が大きく変わってきます。

 

・空腹のまま飲まない

お腹が空いたままお酒を飲むと良い事がありません。空腹の時は胃の中が空っぽなため、あれよあれよとあっという間にアルコールが体内に吸収されてしまいます。すると何も保護するものがないため酔いが全身にまわり翌日までアルコールが残っている状態になります。また胃の粘膜が犯され吐き気や胃痛などを引き起こします。もしも食膳に飲むならアルコール度数の低いものを選ぶようにしましょう。

 

・自分の適量を知る

これは当たり前の事なんですが、二日酔いを予防するためには飲み過ぎないのが一番です。しかし仲間と飲んでいると自分のペースが乱れついつい飲み過ぎてしまうもの。ですがあらかじめ自分の体質にあった適量を理解しておけば、ついと言うのはなくなっていくことでしょう。また飲み始めの30分間はゆっくり飲むようにし急激にアルコールが吸収されないようにすることも大切です。一気飲みは絶対にしてはいけません。またその日の体調によっても適量は変化しますので、ご自身の体をよく観察して飲む必要があります。

 

お酒を飲むときに食べるべき食材!!

二日酔いにならない為の飲み方には、お酒と共に食べる食事やおつまみにも気を配りましょう。出てきたものを何でもかんでも口にしていたら翌日辛い思いをすることになりますので注意が必要です。ではそんなものを口にしながら飲めば二日酔いになりにくいのか、詳しく解説していきましょう。

 

・チーズ

ワインやウイスキーによく合うチーズ。普段は何気なく摘まんでいるかもしれませんが、実は二日酔い防止に一役担ってくれています。チーズなどの脂肪分が含まれている乳製品は、胃の粘膜を保護する働きがあるのでアルコールを急激に吸収することを防いでくれます。飲む前に牛乳を飲むと良いと言われたことがありますが、その理由はここにあります。ただお酒にあう乳製品はあまりないので、つまみにチーズを食べるようにしましょう。

 

・お肉

お酒と共にお肉を食べると胃もたれを起すという事で避ける方がいますが、実はタンパク質というのは二日酔い予防に欠かせません。お肉には豊富なタンパク質が含まれているので、つまみや料理で積極的に口にするといいでしょう。もちろんこの時選ぶのは脂身が少ない赤身です。脂身はそれこそ胃もたれの原因になりますので、淡白なものを選ぶようにしましょう。

 

・いか

肝臓の働きを活発にする為にはアミノ酸が必要になります。いかにはアミノ酸の一種であるタウリンが豊富に含まれているので、肝機能を高める効果があります。イカソーメンや一夜干しなどは居酒屋に必ずと言っていいほどありますので、お酒のお供に是非食べて二日酔いにならないようにしましょう。

 

・豆腐

居酒屋で冷奴や湯豆腐を注文する方は多いと思います。実は豆腐も二日酔い防止には役立つ食材です。お肉の時にも話しましたがタンパク質は二日酔い防止になります。豆腐には豊富なたんぱく質が含まれるので役立ちます。また薬味などでねぎを添えると、アリシンという成分が肝臓を元気にしてくれるので更に効果が高くなります。

 

・納豆などのネバネバ食品

納豆や山芋、もずく酢などのネバネバはムチンという成分で生成されています。聞きなれない名前ではありますが、ムチンは腸や胃の粘膜を保護する働きがありますので急激にアルコールを吸収せずに二日酔い防止に役立ちます。

 

・しじみ汁

飲んだ後にラーメンを食べる方が良くいらっしゃいますが、それは決して望ましくありません。美味しいのはよくわかりますが、ラーメンではなくしじみ汁を飲むようにしましょう。お酒の後の汁物はとてもおいしいです。それはラーメンもしじみ汁も一緒です。しじみにはタウリンが豊富に含まれているのでアルコールの分解を促進し、二日酔いになりにくくなります。

 

二日酔いの対処法!!

以上のような食材を口にしながら、飲み過ぎに注意していたら二日酔いになる確率は極めて低くなります。しかしついやってしまった場合にはしっかりと対処し早めに改善させることが望ましいですね。その為にはまず二日酔いの薬を飲むことです。吐き気や胸やけなどはこれで大体治ります。

 

また水分を大量に補給しましょう。その中でもグレープフルーツジュースをたくさん飲むと効果があると言われています。これはビタミンやクエン酸が働いてくれるためです。さらにゆっくりと深呼吸を何度も繰り返してみましょう。気分が悪く深い呼吸がなかなか出来ないかもしれませんが、意外に高い効果が発揮されるので試してみてください。

 

二日酔いの時に、更にお酒を飲んで誤魔化す迎え酒をする方がいますが、これは一時誤魔化せるだけです。時間が経過するとさらに悪化するので決してお酒でお酒を誤魔化すようなことは辞めましょう。

 


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ