我慢できない!禁煙の方法とコツ!

32dc50333c14cf80b05b134540f087b4_s

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近頃はタバコを吸える場所も減っていき喫煙者は肩身が狭くなってきました。

これを機に禁煙しよう!

そう思っても中々やめられないのがタバコです。

ですが正しい禁煙の方法やコツさえ理解すれば、そう難しい事ではないかもしれません。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


喫煙の様々な障害!!

普段何気なく吸っているタバコ。

イライラした時や考え事をしたとき、または飲酒をしたときなどに吸う事が多いと思いますが、中には習慣化されてしまい特にすいたいと感じていなくても、ついつい口にくわえて火をつけるという方も少なくないと思います。

しかし近頃は禁煙ブームとなり、喫煙できる場所も少なくなってきました。

喫煙者の方はとても肩身の狭い思いをしているでしょう。それに年々タバコの値段が上がってきていますからね。

経済的な事を考えると、とっても無駄遣いしているような気がしてしまうので、禁煙を考えている人も急増しているのではないでしょうか。

また、これは説明するまでもありませんがタバコには様々な健康障害がともないます。

タバコの煙にはニコチンやタール、一酸化炭素を含む400以上の化学物質が含まれているので健康を害さないわけがありません。

もちろんタバコを長年吸っていても健康な状態を保っている方もいらっしゃいますが、ほとんどの方は何かしらの障害を患います。

特に女性であれば性機能障害なども引き起こしますし、出産時にも悪影響が伴いますので出来ることならタバコは避けた方が良いと言えるでしょう。

ですがいざ禁煙しようと決意しても日頃の癖が抜けなかったりイライラしてしまうのでそう簡単に辞めることは出来ません。

それにニコチンは一度体内に吸収すると中毒になりますので、禁煙するというのは極めて困難です。

ですがタバコは百害あって一利なし!出来ることなら今すぐ禁煙することをオススメします。

ではどのようにすればスパッとタバコをやめられるのか、その方法やコツを詳しく解説していこうと思います。

禁煙の方法とコツ!!

強く決意しても中々やめられないのがタバコです。

ほとんどの方が中毒になっているのでそれも当然なんですが、効果的な方法とコツさえつかんでしまえば意外にも簡単に辞めることが出来るかもしれません。禁煙は思っているほど難しい事ではないかもしれませんよ。

では詳しく解説していきますので、ご自身の性格にあった方法を選択し実践してみましょう。

代替行為を身に着ける

これは最も効果的な方法です。タバコというのは往々にして手持無沙汰の時に吸ってしまうもの。

ですのでタバコに変わる行為を身につければいとも簡単に止めることが出来るでしょう。

特に寂しさやストレスを紛らわすために吸っている方は、音楽を聴く、ウォーキングをする、入浴するなど、他の何かに代えて紛らわせてしまいましょう。

タバコが吸えない環境に身を置く

一昔前であれば駅のホームやオフィスの中、街中でもタバコを吸える場所がたくさんありました。しかし近年では居酒屋や喫茶店といった飲食店ですら全席禁煙というケースが多くなりました。

喫煙者にとっては肩身が狭い思いをしますが、これを逆手にとって上手に利用してしまいましょう。

食事をするときは必ず全席禁煙のお店を選ぶ、オフィスの喫煙所に近づかない、タバコを鍵のついた引き出しにしまうなど、方法は様々ですが、いずれにしても吸えない環境に身を置くことが大切です。

非喫煙者になった自分を鮮明にイメージ

これはタバコだけに限った話ではなく何にでも当てはまる話ですが、成功した自分を鮮明に思い描くというのは非常に効果があります。

イメージトレーニングとは少し違いますが、非喫煙者になった自分はどんな事をしているか、周囲の人はどんな反応をしているのか。

タバコをやめたことだけをイメージするのではなく、辞めた自分を取り巻く環境にまで想像を膨らませましょう。

それだけで禁煙のモチベーションを保つことが出来るでしょう。

周囲の人に宣言

一人では中々続けられない。それが人間ですので恥ずかしい事ではありません。

たったひとりで「タバコを止める」と宣言しても意志が弱かったり美味しそうに煙草を吸っている人を見たりすると欲望に負けてしまいます。

それを防ぐために周囲の人に宣言してしまいましょう。

この際出来るだけ毎日顔を合わす家族や同僚がおすすめです。

宣言してしまったらもう吸う事はできません。

「アイツは意志が弱いやつだ」「どうせ無理だと思ってた」など馬鹿にされたりする可能性がありますからね。

吸ってしまったら悔しい思いをする、そこまで環境を整えることも大切なのではないでしょうか。

輪ゴムでパチン

これはもの凄く幼稚な方法だと思われがちですが、意外に高い効果があります。輪ゴムを手首にはめて毎日を過ごします。

もしもタバコが吸いたい、吸ってしまおうと思った瞬間にその輪ゴムをパチンとはじきます。

これだけで「吸ってはいけない」と自分に言い聞かせることが出来るので、ついうっかりを防ぐことが出来るでしょう。

氷をなめる

タバコが吸いたい、そう思う時は口寂しい時でもありますので、タバコではなく他の物を口にするというのもひとつの手です。

その中でも氷はとても効果があります。

キンとする冷たさで口の中を刺激すると、不思議と吸いたいという気持ちが薄れていきます。

その上氷は水ですのでのどを潤すことができ、更に吸いたいという気持ちを落ち着けることが出来ます。

禁煙外来を受診する

これは最も手っ取り早い方法かもしれません。近年では禁煙を医学的に手助けしてくれる禁煙外来を行うクリニックが急増しています。

テレビCMでもご覧になったことがあるでしょう。

ある程度費用が掛かりますが専門のドクターがしっかり指導してくれるのでやめられる確率は極めて高いです。

それにタバコを毎日購入していたことを考えれば、費用もそんなに高いものではないかもしれませんよね。

深呼吸で酸素を取り入れる

禁煙を成功させるためには、心身ともにリラックスしておくことが何よりも大切です。

タバコが吸えないと思えば思うほどイライラするものです。

そんな時は大きく深呼吸をして酸素をたっぷり吸い込みましょう。

するとストレスが軽減されタバコを吸いたいという気持ちを一瞬は抑えることが出来ます。

 禁煙ではなく辞めたと言い聞かせる

この方法は完全に心理戦です。

長年い渡りタバコを吸ってきた方は、タバコを止める時つい禁煙をしていると考えてしまいます。

しかし禁煙とはそもそも喫煙を禁じいている状態です。タバコを吸わな人はタバコを禁ずることはありません。

それに非喫煙者はタバコを吸いたいと思いません。

要するに禁煙をしている間はまだまだ喫煙者だという事。

ですので「自分は禁煙をしているのではなく辞めたんだ」と言い聞かせてみましょう。

タバコを咥えなくなった時点で非喫煙者になったつもりになればいいのです。これは意外に効果がありますよ。

まとめ…

タバコを止める様々は方法やコツを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

どの方法が合っているかは人それぞれだと思います。

ですが騙されたと思って色々と試してみましょう。

どれにしようかと考えているうちにタバコを吸いたいという気持ちが全くなくなっているかもしれません。

これを機にタバコをやめて健康的な体を手に入れてみましょう。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ