意外と知らない!カイロの正しい貼り方と効果!!

c

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い冬には重宝するカイロですが、ただ張っているだけではもったいありません。

あまり広くは知られていませんが、カイロは正しい貼り方をすると体を温めるだけでなく健康やダイエットにも効果があると言われています。

詳しく解説していきましょう。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


カイロが温かくなるメカニズム!!

冬になると多くの方が回路を使って暖を取りますが、カイロがなぜ温かくなるのかをご存知でしょうか。封を切る前は全くい温かくないのに、封を切った途端熱を帯びる。全く温かくなかったカイロを手で揉んだだけで温まる。なぜこのような現象がおこるのか気になったことありませんか。

正直魔法みたいで不思議ですよね。

カイロの中身は鉄粉という鉄の粉で出来ています。従来のカイロはこの鉄粉を手で摩擦させて熱を生み出していました。しかしこれではカイロをずっと手で揉んでいなければなりません。

ですので最近のカイロには内容物に鉄粉の他、活性炭素や水分が既に含まれていて、封を切ると同時にそれが酸素に触れ化学反応を起し熱を帯びるようなメカニズムになっています。

このような技術の進歩が貼るタイプのカイロを生み出すこと繋がりました。今では回路を手でゴシゴシと揉んでいる方はあまりみませんよね。封を切れば瞬時に温まりますのでその必要はなくなりました。もしもこの技術が発達していなければ、現代人は寒い冬、昔のようにカイロをモミモミしていたでしょうね。

カイロの時間節約方法!!

カイロは体を温めてくれるので寒い冬にはとても重宝します。しかし時間が経てば熱を帯びなくなり温かくなくなってしまいます。ですので出来るだけ効果が続く限りカイロを貼り続けたいものですが、場合によってはカイロを剥がさなければいけなくなる時もあります。

また長時間寒い場所にいる際は何個もストックを持って出かけなければなりませんので非常にもったいないです。可能であればひとつのカイロの持続時間を節約したいですよね。

ちなみにカイロは大きさにもよりますが。貼らないもので約18時間程度。貼るタイプで4時間程度の持続時間があると言われています。もしも節約しながら使用できるとしたら優に2日間使えることになりますので、節約術を覚えておきましょう。

これはちょっとした工夫なんですが、カイロを調理用のジップロックなど真空に出来るものに入れておくと持続時間が長くなります。これは鉄粉を酸素に触れさせないことで参加を防ぎ発熱を防止するためです。

要するに開封前の状態に戻してあげるという事ですね。こうすることでカイロの発熱を一時中断し、持続時間を長持ちさせることが出来ます。長時間カイロが必要な場合、何かの理由で温かいカイロを剥がさなければいけない場合に試してみてください。

カイロを貼るってはならない場所!!

さて、カイロは貼る場所や正しい貼り方をすると健康やダイエットに効果があるとお伝えしましたが、実際にどのように使用すればいいのか理解を深めていきましょう。その為にはまず、決してカイロを貼ってはいけない場所を知っておく必要があります。

多くの方はむやみやたらにカイロを貼っていることだと思います。しかし貼ってはいけない場所に貼ると効果がなくなるだけでなく、気持ちが悪くなったりなど健康に支障をきたす恐れがありますので注意が必要です。

カイロを貼る際一番大事なのは心臓の近くに貼らないという事です。これは非常に危険なので避けるべきというよりも、絶対にしてはいけません。もちろん個人差はありますが、心臓の近くを温めると吐き気やめまい、痛みを感じる場合がありますので絶対に貼らないようにしましょう。

また人間の体の中で一番熱を発しやすい脇の下や頭部も、頭痛や体調不良の原因になりますので注意しなければなりません。

体を温めようと様々な場所にカイロを貼りまくる方もいますが、数よりも貼る場所が問題だという事です。体を温める目的だったのにかえって体調が悪くなってしまえば元も子もありません。しっかり理解して後で辛い思いをしないようにしましょう。

カイロの効果!!

それでは回路が体を温めるだけでなく、他にどんな効果が期待できるのか詳しく見ていきましょう。貼る場所によって効果が変わりますので、ご自身が悩まされていることを踏まえ貼る場所を選択してみてください。

冷えを防止

一年を通して冷え性に悩まされている方は多いでしょう。冷え性は女性の大敵と言っても過言ではありませんね。カイロを使って冷え性を解消すると言うと当たり前のように感じますが、貼る場所をしっかり理解しておけば更に効果を高めることが出来ます。

冷え性を解消するためには腰にカイロを貼るのがおすすめです。もっと細かく言うと、骨盤の一番上から数えて二つ目の背骨の周辺です。ここには腎兪というツボと命門というツボがありますが、ここを温めることで末端まだ温めることが出来ます。探しにくい場所なので腰全体を覆うようにカイロを貼りましょう。

またお腹にある関元というツボと気海というツボを温めるのもオススメです。おへそから指4本分程度下の部分にありますので、おへその下あたりを万遍なく覆うようにカイロを貼ることをオススメします。

さらに脚のくるぶしとアキレス腱の中間にある太渓というツボも冷えの解消が期待できますので、足首の内側にカイロを貼るようにしましょう。

 風邪予防と凝りの解消

冬になって気温が寒くなると風邪をひきやすくなるものです。また寒さから肩こりなどが頻繁に起こりやすくなります。カイロはこのような症状も解消してくれるので貼り方をマスターしておきましょう。

まず上半身が冷えてくると血流があるくなり肩こりが生じます。そんな時は肩甲骨にカイロを貼りましょう。肩甲骨の周辺が温まると血液の循環が促進され凝りが解消されていきます。

すると片頭痛なども改善できますので是非試してみましょう。また首の後ろにカイロを貼ることでも血流を促進させることが出来、体温を上げることで免疫力をアップさせ、風邪予防にも効果をもたらします。

生理痛や腰痛の解消

生理痛が原因で大生の女性が辛い思いをしているでしょう。また様々な理由から腰痛に苦しんでいる人も少なくありません。もちろんこれもカイロを利用することで改善、もしくは症状を軽減することが出来ます

。冷え性の解消の項目でお伝えした腰にある腎兪というツボにカイロを貼りましょう。この周辺には仙骨というツボもあり、そこを温めると生理痛や腰痛を和らげる効果があります。この時注意しなければならないのはカイロを横向きに貼るという事です。縦にはてしまうとツボをしっかり覆う事が出来なくなってしまいます。

代謝を上げてダイエット

この効果が女性にとって一番うれしい効果かもしれません。きっと多くの女性が理想の体型を手に入れるためにダイエットに励みながらも、思うような効果が得られずに悩んでいることでしょう。そんな方にはカイロを使って新陳代謝を上げることをオススメします。

おへその下にある丹田というツボを温めてあげることで交感神経が刺激され、代謝機能がアップします。すると脂肪を燃焼する機能もアップしますのでダイエットに高い効果を発揮します。

 


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ