起床後の手足のしびれは病気の兆候かも…!?

9710ccb64d3f227e7acf30f7fb466aaf_s

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特に寝相が悪かったわけでもないし、一部分に体重が掛かっていたわけでもない。

それなのに寝起きに手足がしびれている。そんな時は病気の兆候かもしれませんので楽観視はできません。

手足のしびれの原因対策について詳しく解説していきましょう。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


手足のしびれは疲れやむくみが原因!?

朝目が覚めたとき手や足がしびれていると感じたことないでしょうか。寝相が悪かったりある一部分に体重が掛かっていると血流が悪くなりしびれが起きるとうい事もありますが、そうでない場合は少々心配ですね。

もしかしたら体のどこかに支障が起きており、それが原因で手や足がしびれているというケースも考えられます。その中で最も可能性があるのは疲れやむくみです。食生活などの生活習慣が乱れていると、疲労を溜め込みやすくなります。

また体に老廃物などが溜まっていると脚をはじめ様々な場所がむくんでしまいます。どれだけ寝ても疲れがとれなかったり、年中脚のむくみに悩まされている方が多いでしょう。そのような方の多くは目が覚めたときに手や足がしびれていたという経験が往々にしてあると思います。

しかしこの場合はさほど心配はいりません。なぜならご自身で対策を打つことが出来るからです。疲れを根本から解消する方法や、食生活など生活習慣の見直し。

睡眠不足の解消など疲れやむくみを改善する対策を打てば寝起きの手足のしびれも次第に解消されていくことでしょう。ですが原因は疲れやむくみだけとは言い切れません。

もしかしたら何かの病気が原因かも!?

目が覚めたときに手や足がしびれていたら、まずは疲れが溜まっていないか、体がむくんでいないか見直してみましょう。そして適切な対策を打ち、それでもしびれが毎朝続くようならば、もしかしたら何らかの病気が原因である可能性も考えられます。

もしかしたら「根管症候群」という病気かもしれません。手足がしびれているだけ病気だとは誰しも気が付かないですし、そう思いたくもないでしょう。しかし放置して大事になる前に「病気かもしれない」と疑いを持つことも大切です。

ちなみに「根管症候群」と一言でいっても症状が手に出るか、それとも足に出るかで病名が異なります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

手根管症候群

これはどちらかというと女性に多い症状です。手首にあるトンネル状の毛根管に圧が加わり、ここを通る正中神経が圧迫されて手の指、抹消にしびれや痛みが生じます。人間の指を曲げる筋肉は前腕にあり、筋肉から指まで長い腱が伸びています。

親指以外の人差し指、中指、薬指、小指の4本の指の屈筋の腱は手首のあたりで結束され、8個の小さな手根骨で出来たトンネルを通っています。このトンネルは手根横靱帯という靱帯で蓋をされています。

ところが、このトンネルがとても狭く正中神経が圧迫されてこの症状が起きます。女性の腱鞘炎は女性ホルモンの影響があります。

足根管症候群

足根管症候群は手根管症候群ほど頻繁に発症する病気ではありませんが、症状の原因やメカニズムは手根管症候群とほぼ同様です。しかし診断が難しく、本来は足根管症候群だったのに坐骨神経痛や足の血流障からくるしびれだと判断されるケースも少なくありません。

いずれにしても正中神経が圧迫されて症状が個々るというのは足根管症候群も手根管症候群も同じです。

根管症候群の原因とは!?

手がしびれるか足がしびれるかによって名称は変わりますが、いずれも根管症候群という病気という事には変わりありません。ではなぜ根管症候群の症状が起こってしまうのか、その原因は何なのかについて詳しく見ていきましょう。

根管症候群を発症する方の中には原因が特にないという方も多くいらっしゃいます。その場合は寝相、もしくは疲れやむくみが原因だと考えて良いでしょう。しかしほとんどの方はきちんとした原因が影響してしびれが生じます。

その原因は様々あり、手関節を頻繁に曲げる仕事をしている方、家事などに従事している方などが発症しやすいと言われています。男性よりも女性の方が発症しやすいと言うのはこれが理由です。

要するに根管症候群の主な原因は関節を頻繁に動かすことが関係していると考えられています。

その他には関節付近の

  • 骨折
  • 脱臼
  • 腱鞘炎
  • 関節症
  • 痛風

などを発症していた場合、根管症候群を引き起こすとも言われています。また

  • アミロイド沈着
  • 慢性関節リウマチ
  • ガングリオン
  • 軟部腫瘍

などの病が原因で生じている場合も考えられます。

という事は寝起きに手や足がしびれていた場合、根管症候群という病気の疑いだけではなく、アミロイド沈着、慢性関節リウマチ、ガングリオン、軟部腫瘍など様々な病気の兆候だとも考えられますので、ますます楽観視して過ごすことは出来ませんね。

ただしびれているだけと放置していては更に重大な病気になってしまう恐れがありますので消して油断すること無いよう心掛けましょう。

万が一頭痛を伴った場合!!

根管症候群は寝起きに手や足をしびれさせるだけでなく、頭痛を伴うケースがあります。もちろんこれは稀な事ですのでほとんどの方は頭痛を感じることはないともいますが、この場合は前述したような軽い病気ではなく、かなり重大で生命にかかわる病気の兆候である可能性も考えられます。

その中でも最も怖いのが脳梗塞や脳腫瘍です。この場合は一刻も早く専門医による治療が必要になります。症状に気が付きながらも放置する。そんなことが絶対にないようにしましょう。甘く見ていると命を落とすことにもなりかねませんので一刻を争います。

早期発見早期治療が肝心ですのですぐに専門医に相談することをオススメします。

また頭痛だけでなく会話をしている時にろれつが回らなくなってきた、普段から頻繁にめまいがする、片方の目だけが見えにくくなったなどの症状を感じた場合も脳梗塞や脳腫瘍、もしくは脳溢血の可能性がありますので油断してはいけません。

こういった場合は躊躇せずに病院へ行き、専門医に相談しながら適切に治療を行っていく必要があります。

早期発見早期治療が肝心!!

寝起きに起きる手や足のしびれについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか。たかがしびれと油断せず、もしかしたら大きな病気の兆候かもしれないと認識し、適切に対処することが何よりも肝心です。

一番厄介なのは一時しびれがなくなることです。しびれなくなると症状が改善されたと思いがちですが、病気が進行しているにも関わらず一時しびれがなくなることもあります。

こういったケースは意外に多く、気が付かないうちに大きな病気へと発展していたという事もありますので十分に注意しましょう。安静にしておけば大丈夫、そんなことは決して考えないようにしてください。

たかがしびれ、されどしびれ!という事を頭の片隅に入れておき、実際にしびれが生じてしまった時に適切に対処できるように心構えしておくことも肝心です。


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ