もしかしたらあなたも…!!女性に多い頻尿のあれこれ!!

c

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1日何回トイレに行っているのか、普段は意識して数えることはないでしょう。

しかし「最近トイレが近い」「頻繁にトイレに行きたくなる」などと感じている場合、もしかしたら頻尿かもしれません。

ここでは頻尿に関するあれこれを詳しく解説していきます。



プラセンタ&コラーゲン配合!ダイエットゼリー!


もしかしたら頻尿かも…!?

1

特に人に話す事でもないですし、意識することもないのでご自身が1日に何回トイレに行っているか数えたことはないと思います。しかし意外に多くの方が「トイレが近い」「さっき行ったばかりなのに」と感じたことがあるのではないでしょうか。そんな方はただ単にトイレが近いだけではなく、もしかしたら頻尿かもしれませんので、実際に1日何回トイレに行っているか数えてみてください。

 

ちなみに人間の排尿の回数は正常ですと約6回~8回だと言われています。もちろん寝ている間はほとんどトイレに行くことはなく、行ったとしても1回が正常だとされています。トイレが近いと感じる方はぜひ数えてみましょう。もしも起きている間に8回以上、夜中に目を覚まして2回以上トイレに行っている場合、かなり高い確率で頻尿の疑いがあります。

 

もちろん寒い冬の時期になれば自然と排尿の回数は増えていきます。しかし日中8回以上、夜間2回以上はどう考えても多すぎだと考えられますので、恥ずかしいかもしれませんが一度意識してみることをオススメします。

 

頻尿はただトイレが違いと言うだけでなく、様々な病気や障害に繋がるケースもありますので甘く見てはいけません。中には大の大人が「オネショ」をしてしまうという場合もあるそうです。お年寄りで体の機能が低下しているのならまだしも、まだまだ元気な方であれば死活問題ですよね。もしも大好きな彼の家にお泊りに行っている時に「オネショ」なんかしてしまったら…。考えるだけでゾッとしてくるでしょう。

 

という事でここでは頻尿にまつわる様々なことを詳しく解説していきたいと思います。頻尿は誰しもなる可能性があります。もしかしたらあなたも頻尿かもしれませんのでしっかりと理解を深めていきましょう。

 

頻尿は女性に多い!!

2

頻尿というのは誰しもがなる恐れがありますが、男性よりも女性の方がなりやすいと言われています。その主な原因は男性に比べて女性は冷えやすいという事です。冷え性に悩まされている女性は多いと思いますが、それが女性に頻尿が多い最大の原因でしょう。

 

また女性は男性に比べて尿道の長さが短い特徴があります。その為溜められる尿の許容が少なく、男性に比べて排尿の回数が多くなるとも言われています。さらにいえば筋肉量が男性よりの少ないので、尿を我慢するという働きが弱いことも原因だと言えるでしょう。

 

ですのでデスクワーク中心の生活を送っている女性に頻尿が多いと言われています。一日中デスクに座っていると体が冷えやすくなりますし筋肉も衰えるため排尿の回数が増えていきます。頻尿ならまだしも酷くなり尿漏れに至るケースもありますので女性は特に甘く見てはいけません。

 

頻尿の原因とは…!?

3

では頻尿の原因について詳しく見ていきましょう。前述したとおり頻尿が女性に多いのは冷えや膀胱の長さ、筋肉の量が原因です。しかしこれは女性に限ったことではありません。頻尿は男性でも起こりうるものですので原因が何なのかをしっかり理解しておくことが大切です。

 

頻尿の原因は様々です。・冷え性・便秘・精神的なストレス・尿道が短い・妊娠・更年期障害・膀胱炎などが主な原因だと言えるでしょう。

 

・冷え性

寒くなる冬に時期には誰しもトイレに行く回数が多くなります。これは自然な事ですが、慢性的な冷え性になってしまうと頻尿になります。頻尿に悩まされている方のほとんどが冷え性にも悩まされている傾向にあるようです。

 

・便秘

便秘は腸の中に便が詰まっている状態ですので、腸がふくらみ膀胱を圧迫してしまいます。するとほんの少量尿が溜まっただけでも尿意を感じ、トイレに行く回数がどんどん増えていってしまいます。便秘と頻尿と言うと全く関係がないように感じますが、女性の多くが頻尿になる原因もここにあります。

 

・精神的ストレス

人前に出たときや恐怖を感じたとき、急激な尿意を感じた事はないでしょうか。人間は極度の緊張を感じるとトイレが近くなります。「トイレにいけない」という環境にいると余計にトイレに行きたくなるという事はよくあります。これは緊張やストレスによって尿意がもたらされている証拠です。

 

・妊娠や更年期障害

これは女性特有のものかもしれませんが、妊娠や更年期障害でホルモンバランスが乱れると頻尿になりやすいと言われています。

 

・膀胱炎

膀胱炎を患っていると頻尿になりやすいとされています。逆を返せば頻尿になっている時に膀胱炎を患っている可能性があるという事です。膀胱炎は体に様々な悪影響をもたらしますので特に注意が必要です。

 

・その他

上記以外にも様々なことが頻尿の原因と考えられます。お酒などの水分をたくさん飲んだ時には自然とトイレに行く回数が多くなるものです。これは生理現象なので特に問題ないとは思いますが、何回もトイレに行くことが出来ない環境の場合は注意が必要です。

 

頻尿の予防対策!!

4

頻尿は様々な原因がもたらすものなので予防や対策は難しいと感じてしまいがちですが、誰でも出来る予防法がありますので試してみましょう。もちろん膀胱炎を患っている場合にはセルフケアだけでは治せませんし、他にも支障をきたす恐れがあるのですぐにお医者さんに見てもらう事をオススメします。

 

・汗をかいて老廃物を溜め込まない

そもそも尿というのは体の余分な水分を放出しているだけでなく、血液が運んできた老廃物を腎臓が濾過して排出するという意味合いもあります。体の老廃物は尿だけでなく汗でも排出することが出来ますので、汗をしっかりかくようにすればトイレに行く回数も自然と減少していくことでしょう。また汗をかかないというのは体が冷えている証拠ですので頻尿につながりやすくなります。

しっかりと汗をかくためには適度な運動が必要不可欠です。仕事が忙しく疲れていたり、寒い冬に時期になると運動するのが面倒になってしまいますが、普段よりも歩く距離を伸ばしたり、歩くスピードを上げたりなど、ちょっとしたことでも汗をかき改善することが出来るので試してみましょう。

またお風呂はシャワーだけで済まさずに、毎日しっかり湯船に浸かることも大切です。湯船に浸かれば発汗が促され運動するよりも簡単に汗をかき老廃物を排出させることが出来るので、頻尿の予防や対策に繋がるでしょう。

 

・トイレを我慢しない

さっきトイレに行ったばかりなのにまたすぐに行く。すると周囲の人に「また…!?」と思われてしまうのではと恥ずかしくなってしまいますよね。しかし恥ずかしがっていてトイレを我慢すると膀胱の中に菌が繁殖し膀胱炎を発症してしまいます。男性が多い職場などでは女性はトイレを我慢しがちですが、膀胱炎になってしまったら頻尿だけでなく健康を害する恐れもありますので恥ずかしがらずにトイレには行きましょう。

また常に限界まで排尿を我慢している癖がつくと、膀胱の筋肉に負担がかかりすぎて腎臓の機能までおかしくなることも考えられます。大事にならないよう尿意を催したらトイレに行くという癖をつけることが大切です。

 

・体をとにかく温める

何度も言いますが冷え性は頻尿の最大の原因です。例え室内での仕事が多いにしても、デスクワークが多い方は出来るだけ上着を羽織ったり、使い捨てカイロなどで体を温めるという事を心掛けましょう。それだけでトイレに行く回数が下っていく場合もあります。

 


楽天レビュー24000件!使えばわかる大人気MIJINマスク!


関連記事

サブコンテンツ